会社破産や相続税等の様々な法律相談~弁護士で法を味方につけろ~

依頼が1番

失敗した手紙

会社破産を行う場合は、様々な手続きを行うことが必要です。会社破産に強い弁護士は実績やノウハウを持っているので、心強い味方になります。経営者自身も財産が残っていない場合は、自己破産か個人再生で立て直すことができます。

相続税の問題

お金の計算をする

税金や法律の分野で相続に関する相談が増えて来ています。相続税に関するセミナーが多く開催されており、多くの人がセミナーを受講しています。また、事前に遺言を書く人も増えてきており弁護士に有効な書き方を相談することも多いです。

早期の解決に

ペンとノートを用意

相続問題の解決は、中々当事者だけでは出来ないこともあります。問題がこじれそうな気配がある場合は早めに弁護士に依頼をすると解決することができます。インターネットではリーズナブルに利用できる事務所を見つけることができます。

会社破産の手続き

取引の電話をする

借金問題を解決する方法があります。横浜で過払い金を取り戻すならコチラを利用しよう。頼りになりますよ。

パートナーとの関係に限界を感じたら、離婚をしましょう。こちらに相談すれば、あなたが抱えている悩みを改善することができますよ。

弁護士に任せれば、精神的にも楽になります

会社破産とは、破産法により会社が自己破産することです。会社破産の条件は二つあります。一つは支払不能、もう一つは債務超過です。 支払不能とは、会社の資金や今後の業績予想から考えても、支払いが不可能な状態を指します。又、返済はしていても、その返済のために他から借入れしている場合や、手形の不渡りなども同様に支払不能とみなされます。 債務超過とは、文字通り債務が資産を超過していることです。資産には会社の預貯金などの他不動産なども全て含まれます。 会社破産することで、経営者自身が再スタートを切ることができます。弁護士に任せれば、経営者が行うことは、破産管財人との面会と債権者集会のみです。その他の煩雑な手続きなどは弁護士が行います。

経営者が連帯保証人になっていた場合

経営者が会社の連帯保証人になっているケースがよくあります。このような場合、会社破産してしまえば、連帯保証人のもとへ債務の請求が来ます。しかしながら会社破産するということは、経営者自身にも資産がないわけですから支払いは不可能でしょう。そのような場合、債務整理が必要になります。 債務整理には、自己破産や個人再生などがあります。自己破産だと連帯保証債務は全て消滅します。しかしながら経営者所有の自宅は失うことになります。99万円までの現金の所有は認められています。銀行などから借入れをすることや、クレジットカードを作ることは、少なくとも5年間は難しいでしょう。しかしまた新たに会社を設立したり、どこかに就職することも可能です。個人再生だと債務はゼロにはなりません。大幅に圧縮できるでしょうが、会社の債務であれば金額も大きい分、圧縮しても相当な額になることでしょう。 このように、会社破産の手続きの他、経営者自身の再スタートを切るには弁護士に相談することで、よりよい道が拓かれるでしょう。初回無料相談などを利用して、まずは弁護士のアドバイスを受けてみてください。

過払い金を熊本で解決したいならこちらのサイトをチェック!払い過ぎたお金を取り戻すことができるかもしれませんよ!

オススメリンク

  • 個人再生にかかる費用がわかるサイト

    専門のノウハウで解決できるようにサポートしてくれます。個人再生の弁護士を探すならこちらの情報を参考にしてみよう。
  • 法律事務所オーセンス

    離婚で慰謝料を手に入れたいと思っているなら、エキスパートに聞いてみることが大切です。そうすることで、貴方の望みを叶えることができます。