会社破産や相続税等の様々な法律相談~弁護士で法を味方につけろ~

相続税の問題

お金の計算をする

増税後過熱する相続対策

最近税金や法律の分野で相続に関する相談が増加しています。その最もたる理由が相続税の大改正(内容的にはほどんど増税と言った方が正しい)でしょう。実際相続税対策に関するセミナーがあちこちで開催されており、どこも好評で満員御礼となる所も少なくありません。また争いを防ぐなどという意味でもいずれ来る相続に備えて遺言を書くなどの対策をする人も増加しています。 弁護士へ相談する際の相談料は概ね30分単位で増加しますので、あらかじめ相手との関係、証拠の内容、自分はどうしたいかなどの要点をメモなどにまとめておくことをお勧めします。だらだら相談するよりも、その方が受ける弁護士にも伝わりやすい上に、相談料も節約できるからです。

依頼する弁護士の選び方

ネットを見ていると「相続はお任せください」という法律事務所のホームページがたくさんあります。とにかく多すぎてどこに依頼すればよいのか分からなくなることもあるでしょう。 まずホームページを持つ法律事務所の場合には詳しく相続関連の情報を載せてくれている所が良いでしょう。それだけ相続に自信があることを示しています。ホームページがない場合は弁護士会に紹介してもらいましょう。一部のベテラン弁護士は飛び込み客を嫌う傾向があります。 これら以上に大事なのが依頼者との相性です。いくら知識や経験が豊富でも、親身になってくれない、相談しにくい弁護士では困ります。そのため何人かの弁護士に会ってから正式に依頼をするようにしましょう。 相続は子や孫たちのその後の人生も左右するかもしれない重要な問題です。相談先は慎重に選びたいですね。